☆×1

火星のゴキブリを駆除しにいく、というお話です。

何かの冗談なのかと思えてくるほど、
映画の中のありとあらゆるものが適当、グダグダ、ガタガタなので、
具体的にどこが悪いのかということをいちいち挙げてられないですね。
もう本当に全部がダメなので。

ただあまりにもダメなので、
友達と一緒に酒でも飲んで大笑いしながら観る分には結構楽しい映画だと思います。
まああまり健全な映画の観方ではないんですけどね。

というわけで、これぞまさにダメな日本映画の典型例です。
少し前に外国の方が「日本映画のレベルは本当に低い」と仰られていましたが、
こんな酷い映画が今の日本ではメジャーな映画として上映されてしまうわけなんですから、
その通りと言うしかありませんね。