☆×1

「ロード・オブ・ザ・リング」のシリーズ完結作です。

いやぁ~、凄いですねぇ~。
ビックリするくらい面白くないですねぇ~。

話の進むテンポがず~~~っと一緒で単調ですし、
思わせぶりなことを言うだけで何一つ発展しない登場人物達のやり取りなんて
観てても仕方がありませんし、
一番の見せ場であるはずの戦いも
敵味方問わず間抜けばかりなのでちっとも盛り上がりません。

本当に退屈な映画でした。
ラストに関しても、指輪の決着が付いた時点でもう話は終わってんのに
何をダラダラダラダラと後日談をやってるんだか。

3作合わせて約9時間20分ですか。
長いことつまらないものに付き合わされたもんです。
二度と観たくありませんね。


それにしてもこの映画、結局何を観せたかったんでしょうか。
原作の「指輪物語」を実写で観せたかった、ということは分かりますが、
多分そういうポイントが絞れてないから
こんなただ長いだけの映画になったんだろうな、と思います。