☆×3

戦争によって荒廃した世界をあてもなくさまよっていた男が
凶悪な暴走族に襲われている石油精製所の人々に力を貸す、というお話です。

「マッドマックス」のシリーズ2作目、ということにはなっていますが、
前作から引き継いでいるのは主人公マックスとその車ぐらいのもので、
あとはもうまったくの別物ですね。

どこまで行っても荒野しかない世界、
誰がどう見ても悪者にしか見えないパンクな格好をした暴走族と、
戦争によって文明が崩壊した後を描いたこの映画の設定は独特で面白いですし、
終盤のトレーラーをめぐるバトルは
ただでさえ走りながらの不安定な状態で戦っているのに
敵も味方もドンドン死んでしまうもんですから目が離せませんね。

お話としては単に主人公が活躍して去っていく、という
まあハッキリ言ってどうってことはないお話ですし、
別にこんなシーンあってもなくても良いじゃん、と思うところも結構ありましたが、
それを補う強烈なパワーがある映画だと思います。