☆×5

士官学校を目指す少年が顔の半分に大火傷を負っている男と出会う、というお話です。

こんな映画があるということがもう嬉しくてたまらないですね。
この映画が大切にしている「感覚」が本当に清らかで、優しくて、力強くて、
観ているうちに何かとてつもなく大きなものに包まれている様な気分になります。

人と人の間にある大切なものを教えてくれる素晴らしい映画でした。