☆×3

アイアンマン、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、といった
スーパーヒーローが一堂に会し、世界の滅亡の危機に立ち向かう、というお話です。

元々別の作品の主人公であるキャラクターが集まってそれぞれが活躍をする、という
いわばお祭りのような映画なので、細かいことを気にするのは無粋ですね。

主にアクションをする6人のヒーローの中では「ハルク」が良かったです。
お前一人で何とか出来るんじゃないの?と言いたくなるような
何でもありのハチャメチャな暴れっぷりは観ていて清々しかったです。