☆×5

ピエロのような不気味なメイクをした男「ジョーカー」の手から街を守るため、
バットマンの戦いが再び始まる、というお話です。

見事な映画です。
観終わってからもしばらく震えが止まらなかったですね。

前作である「バットマン ビギンズ」では
主人公の「バットマン」はヒーロー像の集大成のようなキャラクターだと思いましたが、
この映画に登場する「ジョーカー」は悪役の集大成のようなキャラクターです。

なんせこの「ジョーカー」、世の中を引っ掻き回すことが目的なので、
この人のやることに終わりが無いんです。
本っっっっっ当にタチが悪い!

そんな2人が真正面からぶつかり合うこの映画が面白くないはずがないんです。